読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転石不生苔

転がる石には苔がつかないように、人間は行動し変化し続ける事が大切なのだ。

NFLチーム紹介 ほぼカナダの海鷹 シアトル・シーホークス

f:id:kazumax78:20170520104656j:plain

シーホークスは、その名の通り、海の鷹。カージナルスを紹介した記事でも書きましたが、こんな鳥がモチーフですね。

f:id:kazumax78:20080617111340j:plain

ネイビー、ブライトグリーン、ホワイトのカラーのバランスが非常にカッコよく爽やかなデザインです。NFLの中でテキサンズの次に好きなデザインです。

f:id:kazumax78:20170520085447j:plain

 

 

まだまだできて歴史の無いチームではありますが、カンファレンスチャンピオン→スーパーボウル出場を3度経験している強いチームですね。とにかく海鷲がかっこいいですねー。

f:id:kazumax78:20170520104709j:plain

 

 

シアトルはこんな所。

シアトルというとイチローがいたシアトル・マリナーズが日本人では有名ですが、NFLではシーホークスです。僕はずっとアメリカ大陸の南にあるもんだと思っていましたが、シアトルはほぼほぼカナダ、大陸の北壁にあります。

f:id:kazumax78:20170520085539j:plain

隣町がカナダのバンクーバーですね。

f:id:kazumax78:20170520085557j:plain

 

いい街 シアトル 建築たくさん

f:id:kazumax78:20170520090407j:plain

オランダ人建築家、レム・コールハースがデザインしたシアトル公立図書館は観るものを圧倒させるデザインをもっています。

f:id:kazumax78:20170520090455j:plain

内観もすごいですね。皮膚をつくる建築家、と呼びたいですね。

 

シアトルセンターには、フランク・ゲーリーがデザインしたExperience Music Project (美術館?)があり、もうまさに大都会ですね。

f:id:kazumax78:20170520091450j:plain

 

シアトルセンターにあるスペース・ニードルというタワーから眺めたシアトルシティの全貌。

f:id:kazumax78:20170520091046j:plain

 

そしてかの有名なスターバックス・コーヒー発祥の地でもあります。聖地巡礼じゃないですが、一号店は当初のロゴマークを今でも使っているんですね。粋ですねー。

f:id:kazumax78:20130916000409j:plain

うん。なんか、いい街ですよね。広さは、日本の25倍です。めちゃ広いですね。市民は56万人とかなり少なめ。鳥取県の人口と同数になりますね。

 

チームの歴史

1974年に創設されて、NFLに加盟したのは1976年。マリナーズと同じクエスト・フィールドをホームスタジアムにしています。シーホークスというチーム名は20000人を超える方から、1700を超える名称が集まって決定したそうです。

 

オーナーは色々変わって 今はあのポール・アレン

f:id:kazumax78:20160325131409j:plain

知ってますかね。戦艦武蔵を発見した「IT大富豪」ポール・アレンです。あのマイクロソフト社をビル・ゲイツと一緒になってスタートアップさせて人物です。NFLオーナーズの中でも最も金持ち。他にも色々やってます。

f:id:kazumax78:20170520093449j:plain

以前はケン・ベーリングというニコヤか親父。不動産でのし上がってきたビジネスマンでした。1988年に球団を9900万$、約100億円で購入します。たくさんの慈善事業を手がけたシアトルきっての名士でした。

この人がなんと南カリフォルニアにシーホークスを移動させるというわけですね。しかしロスは地震があるからダメだ、とか、あとすこしキングドームでプレイする義務があるなど、弁護士にいわれて、売却を決意するわけです。1996年のことでした。

 

f:id:kazumax78:20170520095205j:plain

そこで「それなら俺が買ってやる」と、手を上げたのが、あのマイクロソフト社をビル・ゲイツと共同創業したポール・アレンです。現在、シーホークスの資産価値は1330億円。ケン・ベーリングがいくらで売ったかわかりませんが、おそらくリターンは十分満足できるものだったのでしょう。

 

チーム戦績

地区優勝を9回、ワイルドカードを6回、合計15回プレーオフに進出し、カンファレンスチャンピオンに3回なっています。2005年にスーパーボウルで、スティーラーズと対戦し、10-21で敗退。まだハインズ・ウォードや、トロイ・ポラマルが現役だった頃ですね。懐かしい。

そして二回目のチャンス、2012年シーズン。シーホークスを見事カンファレンスチャンピオンになり、2度目のスーパーボウルに出場します。対戦相手はペイトン・マニング率いる、デンバー・ブロンコス

QBは当時ルーキーイヤーのラッセル・ウィルソン、WRダグ・ボールドウィン、RBにはビーストモードのマショーン・リンチ。

 この試合でシーホークスは圧勝し、初のスーパーボウル制覇、NFLチャンピオンの栄光を勝ち取る。そしてその次のシーズン2013年も続けてスーパーボウルに出場するも、これは残念ながらペイトリオッツに敗退してしまう。

 とにかく、猛烈な破壊力をもつシーホークスは強いチームです。その強さの裏付けは選手はもちろんですが、2010年からHCをしているピート・キャロルの存在が大きいですね。

f:id:kazumax78:20170520101514j:plain

HCの中では65歳と最高齢にも関わらず、吠える吠える、熱い熱い。そしてその采配たるや、なんとも若々しい。彼が入ってからのシーホークスは本当にカッコイイ。

f:id:kazumax78:20170520101434j:plain

1984年にバッファロー・ビルズのHCをしてから、バイキングズ、JETS、49ersペイトリオッツと、転々として、2010年にシーホークス。ここで腰を据えることができたんですね。おめでとうございます。

 

主要選手紹介

QB ラッセル・ウィルソン

f:id:kazumax78:20170520104007j:plain

投げれるし走れるし熱いしクレバーだし、という万能型QB。ドラフトからずっとエースの座を譲らないですね。seahawksを代表するアイコンになっています。

 

CB リチャード・シャーマン

f:id:kazumax78:20170520104236j:plain

やんちゃもののシャーマン。なんか口が悪いか手が早いか。しかしプレイは熱い。ドラフトではround4、かなり遅めに指名されたにもかかわらず、NFLの中でもスター選手の仲間入り。top100の座にいつもいます。オデルベッカムジュニアとのマッチアップはいつも期待しながら見ています。

 

RB (引退)マショーン・リンチ

f:id:kazumax78:20170520104246j:plain

ビースト・モードと異名を取ったマショーン・リンチ。猛烈なカットに加えて、あたりの強さ。まさにその名の通りビーストでした。スーパーボウルでの活躍はyoutubeを見ればたくさんあります。しばらく引退していたのに、「復帰する!」て決めて、新天地はレイダーズ。ラスベガスですね。生まれ故郷のオークランドでプレイしたかったんだろうけど、まぁそれもまた時の運か。マショーン・リンチのあの走りがまた見られるかと思うと、楽しみですね。

 

WR ダグ・ボールドウィン

f:id:kazumax78:20150201161258j:plain

素晴らしいWRですね。

 

LB ボビー・ワグナー

f:id:kazumax78:20170520104401j:plain

2012年にドラフトround1pick47で指名された。3度のプロボウルに選ばれている。タックル回数チーム随一。

 

SS カム・チャンセラー

f:id:kazumax78:20170520104502j:plain

4度のプロボウルに選ばれているストロング・セイフティ。8年目の半ばベテラン。

 

シーホークス チアリーダー

f:id:kazumax78:20170520103854j:plain

f:id:kazumax78:20160925160739j:plain

f:id:kazumax78:20170520103903j:plain

f:id:kazumax78:20170520103905j:plain

うーん、素晴らしい。

NFLチーム紹介 虎だ!虎になれ!シンシナティ・ベンガルズ

正確にはベンガル虎。虎の中でも強くて大きい虎ですね。

ベンガルズって、とにかくインパクトが強いですよね。なによりもこのユニフォームですよ。オレンジと黒のダンダラ模様。僕はね、最初に見た時、ダサイな!って思いました。なんか弱さを虎でカバーしてるみたいに見えて。

でもね、ちょっと調べるといいチームなんだなぁーって思って印象が変わってきましたね。ちょいダサ、だけどかっこいい、そんなベンガルズを今回は紹介します。

 

チームの歴史

ブラウンズにいたポール・ブラウンがクリーブランドを追い出されて、でもNFLチームを指揮する夢を諦めきれず、色々うろうろしてシンシナティに新しいチームを作ることに合流できた。1947年。ブラウンは同市の動物園にいた白いベンガル虎にちなんで、ベンガルズと名付けた。

ポール・ブラウンは近代アメリカンフットボールの父と呼ばれ、彼のもとで働いたビル・ウォルシュスーパーボウルを3度制覇している。そして、ブラウンズのオーナーだったアート・モデルと犬猿の中で、幾度も衝突している。

ちなみに、このポール・ブラウンの息子が現オーナーのマイク・ブラウン。数多くの遺産のなかでも、ブラウンズとの確執を一番引き継いでいるのかも知れない。

ベンガルズ・ブラウンズ・レイブンズの確執

同地区にはレイブンズもいる。以前の記事でも書いたが、レイブンズも元々はブラウンズである。この3つのチームが犬猿の中であることを少しまとめてみよう。

初期(原始の)ブラウンズ

f:id:kazumax78:20130910111916j:plain

そもそも最初はブラウンズしか無かった。1950年、クリーブランド・ブラウンズが設立される。HCは先ほども紹介したポール・ブラウン氏。ブラウンズってのは「ブラウンさんの選手たち」って意味になるんですね。

f:id:kazumax78:20170520023054j:plain

そしてリーグに加盟して一年目、なんとブラウンズは優勝してしまう。その後6年間毎年チャンピオンシップに関わり、ポール・ブラウンはNFLきっての名将として、その名を響かせていた。

ブラウンが追い出され、ベンガルズ誕生

しかし、隆盛いつか衰える。その頃ブラウンズのオーナーが変わった。アート・モデルさんに。そしてその一年後。ポール・ブラウンは解雇される。夢を諦められないポールはシンシナティに、新しいチームを作るわけですね。それがベンガルズです。

f:id:kazumax78:20170520023205j:plain

オーナーはポールから息子のマイクに変わって、ホームスタジアムはポール・ブラウン・スタジアムと名前をつけるんですね。

f:id:kazumax78:20041125161639j:plain

名将ポール・ブラウンを称えんと、息子は頑張った。そして、宿敵ブラウンズとの軋轢を決して忘れなかった。まぁ、首になったときのオヤジの落胆した姿が息子の目には強烈に残ったんでしょう。試合をする以外、この2チームは全く交流しません。

 

ブラウンズからレイブンズへ

f:id:kazumax78:20170520023731j:plain

そして、1990年代。ブラウンズのオーナーは、なんとクリーブランドを捨てるんですね。理由はスタジアムを新しくしてくれないから。なんとまぁ。で、引っ越した先は、メリーランド州ボルチモア。ここでボルチモア・ブラウンズが誕生するはずだった。

しかし、クリーブランド市民がそれを許さなかった。ブラウンの名前はクリーブランドに所有権があるとケンカを売りに行った。そして新しい名前、レイブンズを使用することにした。

f:id:kazumax78:20120906103435j:plain

 新生ブラウンズ誕生

アート・モデルがチームを連れて行ってしまったので、クリーブランドには何もなくなってしまった。しかしクリーブランド市民はアメフトが忘れられない。その熱気がどうなったんか分からんが、1999年新しいブラウンズが誕生します。

f:id:kazumax78:20170520023708j:plain

ベンガルズはレイブンズ(つまりアート・モデル)が憎い、そしてクリーブランド市が憎い。ということで、この3つのチームはずーっと仲が悪いんですね。

 

さてチームの戦績はどうか。

地区優勝を9回しています。中堅どころの実力といえます。カンファレンス・チャンピオンに2回。つまりスーパーボウルに1981年、と1988年の2度出場していますが、どちらも49ersに残念ながら負けております。ワイルドカードも含め、14回プレーオフに出場していますね。

 

主要な選手

QB アンディ・ダルトン

f:id:kazumax78:20170520025740j:plain

 

WR AJグリーン

f:id:kazumax78:20170520025849j:plain

 

 DT ジーノ・アトキンス

f:id:kazumax78:20160623100249j:plain

 

DE カルロス・ダンラップ

f:id:kazumax78:20170520030411j:plain

 OT アンドリュー・ウィットワース

f:id:kazumax78:20170520030217j:plain

 

いいですねー。強そうです。

 

ベンガルズ チアリーダー

f:id:kazumax78:20170520030932j:plain

f:id:kazumax78:20170520030939j:plain

f:id:kazumax78:20170520030949j:plain

NFLチーム紹介 赤いインディアン ワシントン・レッドスキンズ

ワシントンDCにあるNFLのチームです。当然アメリカの政治の中心、首都にあるわけで、非常に有名なチームですね。

f:id:kazumax78:20170520002721p:plain

有名なだけでなく、フォーブスによれば、チーム評価額は30億ドルでNFLで5位。非常に人気で金を稼ぐチームです。実際、2000〜2007年の8年間連続で観客動員数がリーグ1位になっております。素晴らしいチームですね。メリーランド州の地元ファンにも大変愛されています。さて、そんなレッドスキンズを今回は掘り下げてみましょう。

 

 

メリーランド州ワシントンDC

東海岸に位置するメリーランド州ボルチモアが一番大きな街。同じ州にレイブンズがいるということですね。さてワシントンDCはどんな街か。

f:id:kazumax78:20170520003602j:plain

f:id:kazumax78:20170520003610j:plain

f:id:kazumax78:20170520003619j:plain

f:id:kazumax78:20170520003629j:plain

f:id:kazumax78:20170520003634j:plain

ホワイトハウス、ワシントン大聖堂、トマス・ジェファーソン記念館、連邦議会議事堂、リンカーン記念館、ベトナム戦争戦没者慰霊碑、など有名な建築がたくさんありまして、そしてポトマックリバーが美しい

 

 

レッドスキンズの戦績は?

チームの黄金期が2回ありますが、最初のほうは、1936年頃なので割愛。スーパーボウルに出場している1982年から1991年。この9年間がレッドスキンズの黄金期って言えるでしょうね。プレーオフ7回、地区優勝4回、スーパーボウルには4回出場し、3回優勝。これはすごいですよね。恐ろしい強さです。

f:id:kazumax78:20170520004246j:plain

f:id:kazumax78:20170520004249j:plain

でも最近特に、2008年からは4年連続最下位、2013年も負け越し、2015年は地区優勝するも、2016年は3位と、少し低迷の時期が続いています。

長い歴史で、地区優勝が12回、プレーオフ22回、スーパーボウル出場5回、優勝3回と非常に輝かしい成績を残していますね。

 

主な選手たち

QB カークカズンズ

f:id:kazumax78:20140921130937j:plain

ロバート・グリフィン三世というスターQBを2012年のドラフトで獲得したものの、こいつが全く機能しなかった。どころか怪我して全然使えなかったため、控えQBだったカズンズに白羽の矢があたった。一生懸命腐らず頑張った。それがカズンズ。

RG3と同じく2012年のドラフトだったが、彼はRound4Pick102とかな〜〜り遅めに指名された選手。もう完全控え目的でひょっとしたらトレード的な人材で確保しただけだったかもしれない。

しかし、彼は努力した。そして見事 エースQBとしてその地位を確立。成り上がりモンなカズンズは、いっつも値段交渉のときに揉めてる。そのせいか、ちょっとゲスな性格なのかと勘ぐってしまう。

タッチダウン25本、インターセプト12本とちょっと多め。獲得ヤードは4917、QBレイティング97.2のQB界では10本の指に入るパフォーマンスですね。しかしフル試合出場してるのは、まだ2015、16シーズンのみ。まだまだこれからって感じの選手じゃないでしょうかね。2017シーズンが楽しみです。

 

TE ジョーダン・リード

f:id:kazumax78:20170519235318j:plain

他にこれって選手がイないんですよ。ブラウンズからトレードされたWRがひょっとしたらいい成績残すかも知れないですが、他いまいちですね。彼は2013年のドラフト。カズンズと同じく、Round3、Pick85とあまり期待されてなかった選手ですね。なんかレッドスキンズはスター選手がいないのであまり紹介するところがない。

 

 

レッドスキンズチアリーダー

f:id:kazumax78:20170520004635j:plain

f:id:kazumax78:20170520004640j:plain

 

NFLチーム紹介 ヨーソロー海賊 タンパベイ・バッカニアーズ

f:id:kazumax78:20170519204508j:plain

海賊!っていうマークがかっこいいバッカニアーズ。当然、バッカニアーってのは海賊って意味です。1976年にエキスパンションとして、シーホークスと一緒に誕生したチーム。正直全戦全敗といっていいほどの弱さからスタート。汚点とも言える26連敗はバッカニアーズがもつ記録です。

 

しかしそんなバッカニアーズ。1996年にトニーダンジーをHCに迎えたのちは、6シーズンで4度のプレイオフに進出する。そして2002年にはプレイオフを制してカンファレンスチャンピオンとなり、スーパーボウルにてオークランド・レイダースとの対戦で見事勝利し、ビンス・ロンバルディトロフィーを獲得するのである。

f:id:kazumax78:20170519203258j:plain

今日はそんなバッカニアーズを紹介します。

 

タンパベイってどんな街

f:id:kazumax78:20170519203544j:plain

タンパ湾というエリアにある街。大変美しい街のようです。

f:id:kazumax78:20170519203612j:plain

自然と都会が共存してると言うのかな。そんな街のようですね。。

 

バッカニアーズのスタジアムは、「これぞ海賊」って感じで、建物の中に海賊船がドーンとあって、応援のときにこれがグワワワーーと動くそうです。

f:id:kazumax78:20170519204057j:plain

 

 

バッカニアーズの戦績

先ほどもいいましたが、地区優勝6回、スーパーボウルを制覇しているチームですね。

 

主要選手はどんな人がいますか

QB ジェイミス・ウィンストン

f:id:kazumax78:20170519195450j:plain

f:id:kazumax78:20170519195504j:plain

タイタンズのマーカス・マリオタと同じ2015年ドラフトで、round1pick1のスター選手。かたやマリオタは全体2位指名。ジェイミス・ウィンストンは大学チャンピオンになったQBですね。身長197cmの長身QB。しかも彼はフロリダ州立大学では、アメフトにあわせて野球もやっていたほどのアスリートです。なんだかディオン・サンダースを思い出しますね。イケメンですし、かっこいい。

 

RB ダグ・マーティン

f:id:kazumax78:20170519204241j:plain

f:id:kazumax78:20170519203248j:plain

身長175cmと、背丈はないが、豆タンクのように低重心のRB。力強いカットをもっていて、少々のあたりでは倒れないタフネス。彼が走れば走るほど、WRの自由度が高まる。バッカニアーズの攻撃の要といっていい選手ですね。2016のTOP100にも選ばれています。

 

DTジェラルド・マッコイ

f:id:kazumax78:20170519212300j:plain

圧倒的なパフォーマンスをもっているDTですね。2014,2015,2016ともにtop100入りしてます。そしてなんというか、笑顔。素敵。チームの空気を明るく変える力をもってる感じがします。絵力がある選手ですね。そういう意味でも。

f:id:kazumax78:20170519212321j:plainf:id:kazumax78:20170519212335j:plain

彼のパフォーマンスの高さは同じチームのLB、Sでさえも、「ありえない」って思うそうです。 プロボウルにも3年連続で選ばれている素晴らしいディフェンスマンですね。

 

LB ラボンタ・デービット

f:id:kazumax78:20170519212902j:plain

f:id:kazumax78:20161204153343j:plain

いいですねー。せめて良し。引いて良し。いいラインバッカーですね。ドラフトでは2巡指名でしたけど、いい選手です。

バッカニアーズチアリーダーズ!

f:id:kazumax78:20121125133056j:plain

f:id:kazumax78:20170519185322j:plain

f:id:kazumax78:20161103211606j:plain

f:id:kazumax78:20170519185331j:plain

NFLチーム紹介 小鳥ぴよぴよ アリゾナ・カージナルズ

f:id:kazumax78:20170520011327j:plain

今回ご紹介するのはアリゾナのカージナルズ。なんか知らんけど、鳥がモチーフのチームですね。

 

鳥モチーフにしているチームは、NFLにたくさんあります。

ファルコンズは隼(はやぶさ)ですね。いいですねー。カッコイイ。

f:id:kazumax78:20170519151136j:plain

レイブンズは大鴉(カラス)です。おどろおどろしい感じがかっこいいですね。黒魔術の匂いって言うんですか?魔法使いのペット、悪~い感じがしますね。

f:id:kazumax78:20170519151146j:plain

シーホークスは、ミサゴ(魚鷹)。鮮やかに急降下し、獲物を取るその速度。ハンターのようでカッチョええ!

f:id:kazumax78:20080617111340j:plain

イーグルス(鷲)アメリカの紙幣にも入ってますしね。猛禽類の親分であり、アメリカの国鳥です。もう鷲を飼えたらステータスですわ。

f:id:kazumax78:20130217121925j:plain

 

 

 

 

さて、そんな中、アリゾナ・カージナルズ。

f:id:kazumax78:20170519151716j:plain

え??

 

f:id:kazumax78:20070518075431j:plain

え???

 

f:id:kazumax78:20170519151813j:plain

か・・・かっわいい!!!!

 

 

コウカンチョウという鳥です。なんでか、こんなかわいい小鳥をモチーフにしたアリゾナ・カージナルズ。さてさて、どんなチームなんでしょう。

 

アリゾナってこんな町

南部の町で、有名なものは、グランドキャニオンですね。もっとも大きな町はフェニックスシティ。カージナルズもそこにあります。いまだなお、インディアンがいる町として、アリゾナはある種「原始的なアメリカ」といえるでしょう。インディアン・カジノが盛んにあり、経済はアメリカ国内で21番目の州。ハイテク産業の企業が集中してあるようです。

 

チームの歴史

創設は最も古く1898年。なんと100年を超える歴史をもっています。当初はシカゴにありました。カージナルズと同じ歴史をもつチームはビルズだけです。その後、パッカーズが加入し、ドンドンとチームができて、NFLができあがるわけです。一旦チームが解散しておりますので、正確には、再結成した1913年がスタートになります。その後第一次世界大戦ののち、1920年NFLに加盟します。

 

チーム戦績は?

地区優勝5回、スーパーボウル出場1回。しかしチームの歴史はNFLフランチャイズのなかでも最長。その割にという印象である。ワイルドカードでも2回だけなので、プレーオフに出てきたのは、この90年あまりの歴史の中でたったの7回となる。フィッツジェラルドがチームに貢献しているのは聞くまでもない。2008年に地区優勝を決めて、第43回スーパーボウルピッツバーグと対戦。そこでも多いに戦ったが、スティーラーズの逆転にあい、スーパーボウル初制覇は夢と消えた。

 

 

主要選手

QB カールソン・パーマー

f:id:kazumax78:20170519155929j:plain

2013年にオークランド・レイダーズから移籍。2年連続でプロボウルに出場した。実力は折り紙付き。2015年シーズンはラリー・フィッツジェラルドと素晴らしいパフォーマンスをみせ見事地区優勝。しかし、もう結構年齢が。。。。。独自の調整法をもっていて、あんまりパス投げないって宣言してます。どうか控えQBを大事に育てて欲しい所。

WR ラリー・フィッツジェラルド

f:id:kazumax78:20170519155915j:plain

f:id:kazumax78:20170519155918j:plain

言わずと知れた、WRですね。ドレッドヘアがものすごく似合う、NFLを代表する選手でないでしょうか。他の選手は知らずとも、この選手みたさにカージナルズの試合を見てしまう。そんなビッグプレーを魅せてくれる熱い選手ですね。

 

CB パトリック・ピーターソン

f:id:kazumax78:20170519155900j:plain

今、NFLのなかではPPの他にはダレル・リーヴィス、リチャード・シャーマン、などがCBとして有名。ピーターソンはスーパーエリートCBですね。ディオン・サンダースと比較されますが、PPのほうがスゴイ!という人多数。カージナルズが誇るDBですね。

 

SAM チャンドラー・ジョーンズ

f:id:kazumax78:20170519155851j:plain

SAMというのは、強いサイド側のLBという意味です。つまり、優秀という意味ともとれます。LBの中でも有名選手。もともとはペイトリオッツのLBでして、ドンタ・ハイタワーと同じように戦っていました。

 

お待ちかね チアリーダー

いいですね~小鳥らしくなく、ダイナミックですね。

f:id:kazumax78:20130915133905j:plain

f:id:kazumax78:20170519160147j:plain

f:id:kazumax78:20170519160151j:plain

f:id:kazumax78:20170519160149j:plain

NFLチーム紹介 蒼き獅子たちデトロイト・ライオンズ

f:id:kazumax78:20170520011502g:plain

一度は聞いたことがありますねデトロイト。大工業地帯だと、中学校のときの地理で習った覚えがあります。アメリカの自動車産業の拠点であり、世界的な工業都市であったデトロイトシティですが、市全体が経済破綻した影響で今では都市がまるごと廃墟になっています。

市の負債は1.8兆円。アメリカの自治体の中でも歴史上最大の負債です。まちのあちこちに廃墟があり、街灯もほとんどついてない。廃墟化している建築物は、10万件におよぶとも言われています。

写真をみますと、もう現代の世紀末都市。北斗の拳状態のゴーストタウンにしています。

f:id:kazumax78:20170519104829j:plain

f:id:kazumax78:20170519104832j:plain

f:id:kazumax78:20170519104834j:plain

当然ですが、デトロイトはアメリカで最も治安の悪い町です。『留学するな!デトロイト!』です。さてそんな治安のクソ悪い、しかも経済破綻の修羅の国にあるNFLチーム、それがライオンズです。

 

f:id:kazumax78:20170501173228p:plain

 

基本情報 チームの歴史

 チームの歴史は古く、1929年創設。同じ町にMLBデトロイト・タイガースというチームがあり、虎に対抗してライオン。ということでライオンズになったそうだ。チームロゴは当然、獅子ことライオン。カラーはブルーとシルバーなんですが、これ「ホノルルブルー」というそうです。

スタジアムは「Ford Field」。さすがモータウンの町ですね。アメリカを代表する自動車会社フォードが40億円でネーミングライツを獲得したスタジアムです。

f:id:kazumax78:20170519145437j:plain

f:id:kazumax78:20170519145436j:plain

 

 

チーム戦績

地区優勝はたったの4回だけ、と古いチームの歴史の割にはものすごい弱さです。しかしワイルドカードで13回選ばれて、合計17回のプレーオフ出場を果たしています。しかしスーパーボウルに出場したことはなく、残念ながらライオンズはそれほど強い印象がないチームといえます。

 

ライオンズといえば、バリー・サンダース!

f:id:kazumax78:20170519145510j:plain

先程も言いましたが、それほど強くないライオンズ、バリー・サンダースは、1990年シーズンからのライオンズを自分の足ひとつでプレーオフまで引っ張り上げたすごいRBです。背番号20は永久欠番として残っています。ライオンズラインが今一つの力しかありませんでしたが、それを物ともせず、太い足からカタパルトのように加速するクイックネスで、タッチダウンをもぎ取る。ライオンズの至宝でした。

1994年から4年連続で1500ヤードを獲得するスピードスター。90年台最高のRBとして今なお語り継がれています。

ちなみに、もうひとりのサンダース、ディオンはCBでありWRです。カウボーイズのときの印象が強いので、ユニフォームが似てるバリー・サンダースとよく間違えますが、全くの別人です。

 

現在の主要選手

QBマシュー・スタフォード

f:id:kazumax78:20170519143057j:plain

#1 Matthew Stafford | Top 10 Mic'd Up Guys of All Time | NFL Films

2009年ドラフトround1pick1で指名されたスター選手。現在NFL歴8年目。ジョージア大学出身。ちなみにスタフォードが指名される前年のライオンズの戦績は16戦全敗の最弱チーム。うーんレベニューシェア。特に加筆するとこなし。

 

WR(引退)カルビン・ジョンソン

f:id:kazumax78:20170519143144j:plain

 

メガトロンと異名をもっていたライオンズの絶対エースWR。NFL最強のWRとしてフィールドに存在感を発揮し、ほとんど全てのプレーコールでダブルカバーされていました。恵まれた体格だけでなく、ものすごい跳躍力に加え、強烈なスピードでトリプルカバーもなんのその、ビッグプレーを連発する豪快さ。絶対に不可能とされていたジェリー・ライスの獲得距離を更新し、1964ヤードの歴代WRナンバーワン。

ライオンズファンならずともカルビン・ジョンソンのプレーには多くのNFLファンが注目していました。Maddenの表紙にも選ばれたNFLを代表するスター選手でした。

2016年の3月には引退決定。寂しいことですが、そう長いことできないものですよね。フットボールは。

 

WR マービン・ジョーンズ

f:id:kazumax78:20141019155233j:plain

2012年NFLデビュー。絶対的なWRだったカルビン・ジョンソンの後釜として注目されているのが、マービン・ジョーンズ。もともとCincinnatiベンガルズのWRだったのでですが、AJグリーン、TEのタイラー・アルフォートに次ぐ3番手という地位に甘んじるのを否定し、移籍を決意。新天地ライオンズでのエースWRになれるのか。マシューは強肩ですから、WR次第で大きく成績が変わってきますね。楽しみな選手です。

 

FS グローバー・クイン

f:id:kazumax78:20170519145553j:plain

2015年ではインターセプト7回と、セーフティーの中では随一の成績を残した。NFLDBの中でも有数の選手であろう。

 

お待ちかね lions Cheerleaders

f:id:kazumax78:20160918124448j:plain

f:id:kazumax78:20161016152820j:plain

f:id:kazumax78:20161009124447j:plain

NFLチーム紹介 俺たちとセッションしようぜ!セインツ!

f:id:kazumax78:20170518104619g:plain

ニュー・オーリンズという町は、色々有名な町なんですね。

 

①ジャズ発祥の街

f:id:kazumax78:20170518104129j:plain

f:id:kazumax78:20170518104402j:plain

②ハリケーンカトリーナで大被害を受けた街

f:id:kazumax78:20170518104259j:plain

f:id:kazumax78:20170518104301j:plain

③マルティグラ・カーニバルの街

f:id:kazumax78:20170518104322j:plain

f:id:kazumax78:20170518104332j:plain

f:id:kazumax78:20170518104347j:plain

様々あります。メキシコ湾に面した商業都市であり、芸術・音楽・文化を有した観光都市でもあります。

 

そんな魅力たっぷりの町にあるのが、ニュー・オーリンズ、セインツです。

 

チームの歴史 基本情報

創立は1967年。チーフス、タイタンズブロンコス、レイダースあたりと同じタイミングで設立されています。ブラック、ゴールド、ホワイト、のカラーが印象的。場所は先程も申し上げたルイジアナ州の大都市ニュー・オーリンズ。メキシコ湾に面したいい場所です。メルセデス・ベンツスーパードームを本拠地としていましたが、2005年にハリケーンカトリーナの被害によって、このドームが使用できなくなりましたが、また工事をして今も使っています。

f:id:kazumax78:20170518104804j:plain

f:id:kazumax78:20111020203343j:plain

アトランタファルコンズが使う予定の新メルセデス・ベンツ・スタジアムは、名前は似てますが場所が全然違う場所です。こちらは、もうすぐ完成です。2019年にはアトランタスーパーボウルが開催される予定です。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください↓

kazumax78.hateblo.jp

オーナーはどんな人?

f:id:kazumax78:20170518092226j:plain

Tom Benson - Wikipedia

オーナーは、トム・ベンソン。自動車ディーラーとして事業を拡げていて、その儲けで地方銀行を買収し、金融業にも進出したやりてビジネスマン。このビジネスをウォーレン・バフェットが大株主の会社に売却し、彼はまた大きなリターンを得ました。

そして、これは1985年にセインツを7000万ドルで買収したんです。実はものすごく安いです、日本円でたったの70億ですからね。それは何故かというと、セインツはと~~~~~っても弱いチームだったからです。1960年の創設時から一度も勝ち越したことのない負けチームの代名詞。それがセインツ。だから安かった。

しかしその後、2005年ハリケーンの影響で、町のみんなが、地元のファンのみんながチームを応援後押しして、素晴らしいチームとなった。そしてなんと2009年のスーパーボウルを制覇するまでの業績を残すわけだ。

f:id:kazumax78:20170518092202j:plain

当時の資産価値は8億ドルを超えた。つまり投資としては11倍の結果がでたというわけだ。トム・ベンソン!やるね!

 

チーム戦績

1967年に結成いらい ずーっと負け越し。やっと勝ち越しできたのは、1985年オーナーが変わり翌々年の1987年。なんと苦節20年間、弱小チームだった。そして1991年にやっと初めての地区優勝。2005年ハリケーンカトリーナの被害にあってから、復興を願う市民を勇気づけるために、聖者たちは戦い抜いたわけだ。そして2009年にドリューブリーズを中心にスーパーボウル制覇を成し遂げ、街を歓喜の声で包まれたわけだ。

 

主要選手たち

QBドリュー・ブリーズ

youtu.be

言わずと知れたイケメンQB。収入もQBランキングで1番だと思います。2009年にSB制覇しています。イケメンでSB制覇、収入もナンバーワン。一見エリートに見える彼ですが、実は「見捨てられた男」として不遇のフットボール人生なんですね。

彼はQBとしては身長が低く、名門フットボール大学からはお呼びがかからなかった。そのため、ドラフトでもround2pick38で指名される。サンディエゴ、チャージャーズでした。エースQBとして成績が残せず、フィリップリバースが加入してからは、2004年にお払い箱になるんですね。その彼に手を差し伸べたのがセインツでした。

そして2005年にカトリーナがやってくる。

勝てないQB、荒廃した町、仮住まいのスタジアム、NFLのリーグの中で弱小であり注目されないチーム。そこからブリーズは燃えに燃え2009年にSB制覇する。そのV字復活とも言える下克上ストーリーは多くのアメフトファンだけでなく、アメリカ中の男たちを奮い立たせたと思います。

「まだまだ諦めるな!ネバーギブアップ!」

素晴らしい選手はその言葉を、いつも自らの行動で僕達に示してくれます。ブリーズはそんな素晴らしい選手の一人でしょう。

しかし彼39歳。1979年生まれの38歳。もうそろそろ引退の姿が見えてくる年です。どうか違うQBを育ててブリーズの引き継ぎをしっかりとやっていってもらいたいものです。

 

WR ブランディン・クックス

youtu.be

こちらオレゴン州立大学出身のWR。178cmとWRでは大変小柄ですが、ものすごいスピードとキャッチ。そしてカットでパッシングヤードを獲得しているエースWRでした(;_;)

まだNFL歴3年の若手選手なのに、なんと、ペイトリオッツに移籍が決定してしまいました(;_;) もう少しニュー・オーリンズに居て欲しかったですね。

 

RB マーク・イングラム

.youtu.be

youtu.be

お父さんもRBでマーク・イングラムsrと同じ名前。2011年のドラフトで最強RBと名高い評価を受けた選手でしたね。この年のドラフトは今見てもタレントぞろい。キャム・ニュートン、AJグリーン、JJワット、フリオ・ジョーンズ、ボン・ミラー、パトリック・ピーターソンなどなど。

 

WR ブランドン・コールマン、マイケル・トーマス、ウィリー・スニード

youtu.be

ゴリアテ」の異名がついている長身WRのコールマン。

youtu.be

ルーキーWRのトーマス

youtu.be

こちらもルーキーWRのウィリー・スニード

 

この3人はレギュラーWRですね。パスが多用されるセインツの三羽烏といえますね。

 

CB マショーン・ラティモア

youtu.be

これは2017のドラフトでround1 pick11で指名した選手。オハイオ大学のDBですね。セインツはCBの補強は重要課題の一つでした。彼がどれくらいのパフォーマンスを魅せてくれるか、結構楽しみですね。

 

お待ちかね チアリーダー

f:id:kazumax78:20170518104535j:plain

f:id:kazumax78:20170518104538j:plain

f:id:kazumax78:20170518104546j:plain

ファイト!セインツ!