NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

NFL選手トップ100人(最終回) 栄えある1位はやっぱりあの人! 

第1位! QB トム・ブレイディ Tom Brady, QB, New England Patriots

 もう割愛したいほど有名な選手ですよね。今現在、世界で最も有名なアメリカンフットボール選手でしょう。5回もスーパーボウルを制覇したQBはブレイディ以外いません。彼に次いでリングを獲得したのは1970年代のスティーラーズを牽引したテリー・ブラッドショーと、1980年代の49ersの黄金時代を作ったジョー・モンタナだけでしょう。彼ら2人も現役時代、4度のスーパーボウル制覇を成し遂げています。ブレイディは彼らレジェンドよりも1つ多い。現役ながらすでにレジェンドですね

  

ブレイディはミシガン大学出身

チームの名前はウルバリンズ!いやー、大学のチーム名ってなんでこんなカッコイイんでしょうね。みてください!このかっこよさ!

 

それにしてもブレイディ若い!大学のときは背番号10番ですね。レギュラーQBです

今の栄光とは思いもつかないほど、スカウティングの目にはひっかからなかった選手。およそカレッジフットボールでも成績を残してないんでしょうね。ドラフトは2000年で、なんと6巡目の全体199位指名でした。もう完全に控え選手として、、、だったんじゃないでしょうか。

 

チーム名のウルバリンとは?

ちなみにウルバリンとは、Wolverineと書きますが、和名では「クズリ(屈狸もしくは貂熊)」といいます。種別とするとイタチですね。「小さな悪魔」とまで称される獰猛で攻撃的な動物で、グリズリーや狼の獲物を力づくで横取りするほど、凶暴です。

罠にかかっても、自力で罠を壊し脱出。人間の罠にかかった動物を見つけたら、罠にかまわず獲物として食べに来ます。

 

赤ちゃんときはこんな小さくてかわいいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になると恐怖そのもの。

 

 

 

現役最強QB トム・ブレイディの輝かしい実績

 ブレイディは2000年ドラフトでNFLデビューし、翌年2001年シーズンから、16年間という長期間ニューイングランド・ペイトリオッツのエースQBであり続けています。

 そして、この16年間で、地区優勝を逃したのはたったの2回のみ。カンファレンスチャンピオンシップは10回、スーパーボウルには6回出場しています。そしてその内2002 2004 2005 2015 2017年と5回のスーパーボウルを制覇しています。こんな無敵チームはNFL史上無いですよね。ペイトリオッツ王朝と呼ばれても仕方ないですね。

 

ベリチックとの出会い 

 さて、ブレイディ・ブレッド・ファーブのような強肩も無いし、モンタナのような正確無比なパスを投げるわけでもなかった。ドラフトでは6巡199位のQBがまさかまさかの大化けを果たしてしまったということですね。それもこれも、名将ビル・ベリチックとの出会いですよね。彼との相性もあったのでしょう。ベリチックの戦略論や戦術眼を素直で実直なブレイディはどんどんと吸収して、フィールドの中でのベリチックと変化していったのでしょう。

 

 

 2017年に開催された51回スーパーボウルでは、強敵ファルコンズを史上初の大逆転劇でオーバータイムに下し、5回のスーパーボウルを制した唯一のQBとして、強烈に輝きました。あの試合はいま見ても鳥肌モノです。信じられない集中力で、プレイをつなぎあわせ、ヒューストンのNRGスタジアムにいる観客は全て総立ち。7万人全員がブレイディに意識を集中。ブレイディはゲームだけでなく、スタジアムをも飲み込み、テレビを通じて、アメリカ3億人をも飲み込みました。本当にすごい試合でした。

 

 

Wifeは、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン

 ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ出身のスーパーモデルです。14歳からモデルとして自立して、現在地球上でもっとも稼ぐモデルとして有名です。ブレイディと彼女は2009年に結婚。家族だけを呼んで慎ましやかに行ったそうです。

 ブレイディとブンチェンを合わせて、年間83億円稼ぐと言われています。そこまで成功して、それでもフットボールの仕事を続けていきたい、というわけですから、NFLとはよほど魅力的な舞台なんでしょうね。

 

 

 

ブレイディの次席となるQB。またスティーラーズもそうですが、後釜争いが面白い話題になりそうですね。楽しみです。

NFL選手トップ100人 ⑧3位と2位 

 第3位 WR フリオ・ジョーンズ Julio Jones, WR, Atlanta Falcons

 アトランタ・ファルコンズが誇るエースWR。伸びやかな長身でどんなパスもキャッチする。ボールをゲットしたら、長い腕をまるでブロッカーのように使い、タックルを交わし、健脚でグイグイエンドゾーンまで走りまくる。現在NFLリーグの中では、1.2を争うWRです。前回11位から2位にランクアップです。

 昨年は1409yds、一昨年は1871ydsをパスでゲイン。デビュー以来1試合平均96ydsを記録しています。ものすごい数字ですよね。

 

アラバマ大学 クリムゾン・タイド出身

 赤いユニフォームが印象的。猛り狂う象のモチーフのアラバマ大学。LSU、マイアミ大学フロリダ大学につづいて、多くのNFL選手を排出してる名門フットボールチームです。

 クリムゾン・タイドとは、「真紅の潮」という意味で、紅い波が攻めてくる!という感じでしょう。武田騎馬軍団の赤備えに印象が近いですね!こういう共通点を見つけるのすごく楽しいです。

 

 

フリオ・ジョーンズは2011年のドラフト1巡指名

 この年のドラフトは豊作!と何度も申し上げましたが、ジョーンズと同窓生であるアラバマ大学からも一巡指名が盛りだくさんでした。

(1巡指名)DT Marcell Dareus→→→  Buffalo Bills
(1巡指名)OT James Carpenter→→→Seattle Seahawks
(1巡指名)RB Mark Ingram  →→→New Orleans Saints
(7巡指名)Greg McElroy  →→→New York Jets

マーク・イングラムはセインツでAPとRB争いをこれからしますよね。昨シーズンも素晴らしい活躍ぶりでした。

 

彼の恋の行方は・・・・?

 フリオ・ジョーンズと噂があるのが、シリコンバレーサンノゼ出身の歌手、ジャスミン・ビレガス(23)写真のように可愛らしい人。オモテになって素晴らしい。

NFL選手は婦女暴行のオンパレードだから、どうなることやら。怖い怖い。

 

 

 

 

 

第2位 OLB ボン・ミラー Von Miller, LB, Denver Broncos

 現役最強のLBなんじゃないか、と評判高いボン・ミラー。第50回スーパーボウルでは、勝利QBのペイトン・マニングを追い抜いてMVPに選ばれました。しかし、それほど彼のプレイは圧倒したものでした。ディフェンスでゲームの流れを変えられる選手は、リーグの中では、そういません。JJWATT や、カリル・マック、ジョーイ・ボッサ、ジャスティン・ヒューストン、などでしょうか。

 

豊作の2011年ドラフト 全体2位指名のスター選手

 彼のNFLデビューは非常に輝かしい。2011年のドラフト1巡指名は、本当に豊作揃いで、その中でもブロンコスは非常にいい選択をしたんじゃないでしょうか。

 

Rnd. Pick # Player Pos. NFL team
1 1 Cam Newton  QB Carolina Panthers
1 2 Von Miller  LB Denver Broncos
1 3 Marcell Dareus  DT Buffalo Bills
1 4 A. J. Green  WR Cincinnati Bengals
1 5 Patrick Peterson  CB Arizona Cardinals
1 6 Julio Jones  WR Atlanta Falcons
1 7 Aldon Smith  LB San Francisco 49ers
1 9 Tyron Smith  OT Dallas Cowboys
1 11 J. J. Watt  DE Houston Texans
1 14 Robert Quinn  DE St. Louis Rams
1 15 Mike Pouncey  C Miami Dolphins
1 16 Ryan Kerrigan  DE Washington Redskins
1 24 Cameron Jordan  DE New Orleans Saints
1 28 Mark Ingram Jr.  RB New Orleans Saints
1 30 Muhammad Wilkerson  DE New York Jets
2 35 Andy Dalton  QB Cincinnati Bengals
2 43 Kyle Rudolph  TE Minnesota Vikings
2 55 Rodney Hudson  G Kansas City Chiefs
2 64 Randall Cobb  WR Green Bay Packers
3 70 Justin Houston  LB Kansas City Chiefs
3 71 DeMarco Murray  RB Dallas Cowboys
3 77 Jurrell Casey  DT Tennessee Titans
4 99 K. J. Wright  LB Seattle Seahawks
4 102 Jordan Cameron  TE Cleveland Browns
4 129 Julius Thomas  TE Denver Broncos
5 154 Richard Sherman  CB Seattle Seahawks
6 176 Dwayne Harris  WR Dallas Cowboys
6 180 Tyrod Taylor  QB Baltimore Ravens
6 191 Jason Kelce  C Philadelphia Eagles

 

大学時代のボンミラー

 彼は今年のドラフトで入団したマイルズ・ギャレットと同じ テキサスA&M出身。同じ大学からは、タンパベイ・バッカニアーズのマイク・エバンスもいます。ここの大学出身は、現在38名います。NFL輩出の名門クラブといって過言でないでしょうが、ボン・ミラー、マイク・エバンス、マイルズ・ギャレットの存在感がすごすぎで、他の出身者があんまり目立ってないですね。

 

おしゃれ四天王 ボン・ミラー

 

うーん、儲けた金を洋服に相当つぎ込んでいる感じがしますね。おなじくオシャレ番長のOBJとも仲が良いようですwww

 

NFL選手トップ100人 ⑦6位~4位 

第6位 QB アーロン・ロジャーズ Aaron Rodgers, QB, Green Bay Packers

 いいですね!やっぱり来ましたロジャーズ!僕の大好きなQBです。彼のプレイが好きで、グリーンベイのファンになりました。典型的なポケットパッサーで、ポケットに入ったままナカナカ投げない。独自のステップでDTやLBのパスラッシュを交わしつつ、広い視野と冷静な判断力でパスターゲットを見つけ、猛烈な速度のパスを突き刺すように投げる。それがバシバシ決まってくんだけど、当の本人のロジャーズは特段派手なリアクションをするわけでなく、淡々と次のプレイへとつなぎ合わせる。それがまたカッコイイんですよね。

 

カリフォルニア大学ゴールデン・ベアーズ出身

 

 

 

アーロン・ロジャーズは2005年のドラフト1巡指名選手

 もう12年前ですので、ロジャーズも大分とベテランというゾーンにいます。彼は1巡24位でグリーンベイ・パッカーズから指名を受けて、その年からずっと正QBとしてパッカーズを牽引しています。

 

 しかし、実はこの年のドラフトでの全体1位指名ユタ大学のQBアレックス・スミスでした。現在チーフスのQBですね。スミスとロジャーズ、少しばかり差がついていますが、大学のときはスミスのほうが注目を浴びていたようです。49ersから指名を受けて契約をしています。8年間49ersのQBをしていましたが、2013年にトレードされています。

 

 この年のドラフトでは、ハーバード大卒業のライアン・フィッツパトリックもNFLにデビューしています。こちらはドラフト7巡目。それでも数々のチームのエースQBをしていたのですから、ものすごい選手なのですがね。今となっては想像もつかないほど、爽やかな好青年です。あの髭はいつから生やしているのでしょうね。

 

 

 

元カノのオリヴィア・マンは東京育ち

 アーロン・ロジャーズを射止めた女性は、この人。オリヴィア・マン。女優を志し、ロサンゼルスに移り住み、テレビ出演を繰り返し、NFLのサイドライン・レポーターをしていた。おそらくロジャーズとは、その時に知り合ったのだろう。

 とっても美しい美貌の持ち主で、母が中国系、父がドイツ・アイルランド系の混血児。しかしこの親父とは彼女が2歳の時に離婚し、二人目のお父さんが空軍の仕事をしていた。継父の駐屯地が東京都だったため、彼女は、主に東京で育っている。

 このまま結婚?って話が多かったのに、今年の4月に破局報道。どうもロジャーズの実家との関係が上手く行かなかったみたい。ハリウッドの女優さんと、NFLのトップQB。どっちもプライドの高いひとたちなので、もう一度復活することはないでしょうね。ロジャーズの次の相手は誰なんでしょうか!?

 

華麗なるフランチャイズQB アーロン・ロジャーズの下積み時代

 今でこそスタープレイヤーとしてリーグに輝いていますが、彼は高校生の頃から苦労人でした。カリフォルニア大学出身とは言え、その実は色々あったそうです。 

 

  まず高校生の時、フットボール奨学金をだしてくれた大学は、弱小のイリノイ大学のみでした。つまり高校生のときには、誰からも注目を浴びてない選手だったということですね。仕方なく彼はジュニア・カレッジ(日本で言う短期大学)に入学するんですね。短大の名前がビュート・カレッジ。昔のロジャーズの写真を調べるとBUTTEと書いた紺色のジャージを着ているものがたくさん出てきます。

 

 そこで1年生時に努力し、相応の成績を収め、カリフォルニア大学へ2年生から編入が決定します。2年生時点からレギュラーQBの座を勝ち取り、3年生時代にはゴールデンベアーズを全米4位までお仕上げていきました。

 

 3年生が終わった頃、ドラフトでNFLに。最も注目を浴びていた選手だと思われていたそうですが、1位指名権をもった49ersは、ロジャーズの名前を呼ばずに、アレックス・スミスの名前をあげました。ロジャーズの名前はずーっと上がらずに、ついに24番目、グリーンベイ・パッカーズが指名します。

 

 しかし、当時は無敵超人ブレット・ファーブが不動のエースQBをしていたパッカーズ。ロジャーズは3年間控え選手として、ベンチを温め続けるばかり。2008年にようやくファーブが引退を宣言して、ロジャーズにお鉢が回ってきた時なんて、敵も味方の観客も「お前に出来るのか!ロジャーズ!」ってワーワーいう始末。

 

 そこをねじ伏せ、ロジャーズはスーパーボウルを制覇してきたんですね。本当に強い男だと思います。

 

 

 

 

 

第5位 DE カリル・マック Khalil Mack, DE, Oakland Raiders

f:id:kazumax78:20170627122440j:plain

 2014年のドラフトの目玉選手。同期のレイダース入団はQBのデレック・カー。この2人の入団によって、レイダースは結構強くなってきてる。

 

大学はバッファロー・ブルズ

f:id:kazumax78:20130914171858j:plain

当然ポジションはDTね。

 

 

f:id:kazumax78:20170627122446j:plain

彼女は現在、特定の人はイない模様。全米の女どもが狙ってる様子。

 

 

 

 

 

第4位 WR アントニオ・ブラウン Antonio Brown, WR, Pittsburgh Steelers

 ピッツバーグスティーラーズのスター選手。ロスリスバーガーのナンバーワン、パスターゲットであり、鉄男の攻撃の要ですね。ランもいいし、キャッチも柔らかい。パスルートも見事で、なんだか無駄のない走りをする選手だなという印象です。

 球団側とは4年68M$と大型契約を結んでいます。いま現在、NFLのなかでは、フリオ・ジョーンズ、オデル・ベッカム、TYヒルトン、マイク・エバンスそして彼の5人がトップWR争いをしているといって過言でないでしょう。

 

ミシガン中央大学出身 ドラフトは6巡指名!?

 この人も、今の実績から行くとすごく不思議なくらい、大学時代は無名な選手だったんですね。スティーラーズの6巡指名195位でした。トム・ブレイディみたいなもんだなwww

 チーフスのLT、エリック・フィッシャーはミシガン中央大学の後輩。 こっちは2013年のドラフトで全体1位指名を獲得したスタープレイヤーですね。初年度から4年20M$以上の契約しています。でも、今や、アントニオ・ブラウンのほうが知名度、スター性、収入も上。チームの成績も上。ということで、チーフスよ、もっと頑張れと。

 それにしても、そんな選手が大活躍してくれるわけですから、ピッツバーグからするともう大変お買い得な選手だったんですね。ありがてぇ!!!と叫んでる声が聞こえてきそうです。

 

オデルベッカムJrに負けず劣らず おしゃれ番長

ベッカムとプライベートでも仲良しのようです。

 

NFL選手トップ100人 ⑥10位~7位 

いよいよラストのトップ10人が発表されました。ここまで行くと消去法で記事が書けるくらいです。皆様おなじみの選手ばかりが名を連ねていますね。このなかで大型契約がまだ終わってないルーキー契約が、OBJ、KM、EEですか。おそらく来年の目玉になる話でしょう。楽しみです。

 

さてそれでは一人ずつ少し詳しく紹介していきましょうか。

 

 

第10位 QB マット・ライアン Matt Ryan, QB, Atlanta Falcons

 今期スーパーボウルで一躍時の人となったQBマット・ライアン。2015年版のTOP100では、77位に選ばれていましたが、昨年2016年では、TOP100人ならず。もう一つ注目を浴びてなかったQBでした。

 それが、今シーズンの強気なクォーターバッッキング。強肩のパス。年間5000yds弱を投げて、スーパーボウルでもあわや優勝の言葉が見えていたところまで、上り詰めました。さすがにTOP10入りを果たしました。

 

ボストン大学イーグルス出身のマット・ライアン

 また出身校がボストンってのがいいじゃないですか。賢い大学ですよね。アメフトだけじゃない知的な香りが漂ってきます。

 

 

 

 

 ライアンは2008年のドラフトで1巡指名。全体3位指名の大型選手でした。契約金額は少し不明確ですが、Sportracによると、6年で67.5M$。そして2013年6月25日に契約更新をしました。その金額は、5年で103.75M$(115.16億円)というこれまたトップクラスの給料でした。同期のQBはレイブンズのジョー・フラッコですね。

 

 同じくボストン大学からは、デトロイト・ライオンズに1巡指名された OTのゴスダー・シェリラス(Gosder Cherilus)がチームメイトでおりました。彼がライアンをずっと守っていたんですね。彼は現在、NFLでは小粒な選手になっています。2年で7M$(7.7億円)

 

 インディアナポリス・コルツのLT アンソニー・カストンゾも、ボストン大学から2011年ドラフトで1巡指名を受けています。彼は現在4年43.8M$(48.6億円)の契約を結んでいる選手です。コルツの屋台骨といって過言でないでしょう。

 

 

 

 その後、カロライナ・パンサーズに入団した、ルーク・キークリーがボストン大学に入学して、2014年のドラフトでNFLにデビューします。彼もTOP100人に選ばれる名選手ですから、金額は素晴らしいものを契約しています。

 

家族思いの教科書のようなお父さんマット・ライアン

スキャンダルとか、不倫とか浮気とか、そういうのが全く感じられない、清廉潔白な感じがしますね。どこに出しても恥ずかしくないお父さん。息子からしても誇りに思うでしょうね。素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

第9位 RB レベオン・ベル  Le'Veon Bell, RB, Pittsburgh Steelers

f:id:kazumax78:20170626102748j:plain

スティーラーズ不動のRBとして存在感を発揮するレベオンベル。一回止まって、もうダメ?終わり?と思わせといてからのグイグイゲインするランが、とっても魅力的。2013年のドラフトで2巡48位指名でした。

 

 

ミシガン州立大学スパルタンズ出身!

f:id:kazumax78:20170626102711j:plain

スパルタンズ!同期のチームメイトからはTEディオン・シムズ(ドルフィンズ)、DEウィリアム・ゴルストン(バッカニアーズ)の二人がNFLに入りましたが、あまり有名な選手がいません。 それにしても、大学のチーム名ってなんでこんなにかっこいいんでしょうねwww

youtu.be

 

 

彼女の名前はメルセデス・ドルソン かわいいよね。

 

ベルのファッションセンスは、、、、まぁ普通だよね。

 

 

 

 

第8位 WR オデル・ベッカムJr.Odell Beckham, WR, New York Giants

 もう紹介不要の選手でしょう。2014年のドラフトで1巡指名。LSU(ルイジアナ州立大学)の名門フットボールチーム、LSUタイガース出身のスターWR。オデル・ベッカムですね。

 

 

いやー、かっこいいですね、ルイジアナ州立大学タイガース。好きなチームだなぁ。

 

 

 

ベッカムのドラフト

 彼は2014年ドラフトで、14位に指名を受けています。この当時のドラフト同期WRには、タンパベイのマイク・エバンスや、ニューイングランドのブランディン・クック、バッファローのサミー・ワトキンソンなどがいます。ワトキンスやエバンスはベッカムよりも先に指名を受けた選手です。

 

 

オデル・ベッカムといえば、片手キャッチ。なんでもLSU時代からやっていたそうだ。それにしてもスーパースターといえど、あのNFLのライバル達と戦っていくには、日々の鍛錬を怠ってはならないですね。すごいことですね。

youtu.be

 

 

 

 

tattooが怖いOBJ

入れ墨が印象的ですね。アメフト選手にかぎらず、海外のスポーツ選手はみんな入れ墨ゴイゴイに入れるんですよね。なんででしょうね。1980年くらいからインフレーション起こしてる気がしますね。

 

 

 

ファッションセンス抜群なオデル・ベッカムJr

 

 

 

 

いやーカッコイイですよね。スーツ姿も普段着も。いまNFLでは一番おしゃれな選手だと思います。髪型も髭もアクセサリーも、Tattoも一番オシャレ。

自分流のスタイルがあるって感じですよね。OBJカッコイイです。

 

 

数々の浮名を流すモテ男?

いまはグラミー歌手 デミ・ロバートと噂のあるベッカム。いろんな噂あるけど、一番まともかも。

 

 

女優ゼンデイアとのカップリングが一番お似合い?

 

 

 

カニエ・ウエストの妻、キム・カンダーシアンの妹である、クロエ・カンダーシアンとの間にも噂があり。

 

 

 

そこに割って入るアンバーローズ。ビッチはやめとけOBJ。

 

 

最後アンバーローズで結ぶと、後味悪いから、彼のスーパーキャッチ写真で終わりましょう。

f:id:kazumax78:20141123210332j:plain

 

youtu.be

これからも応援してます!オデル・ベッカムJr!

 

 

第7位 RB エゼキエル・エリオット Ezekiel Elliott, RB, Dallas Cowboys

f:id:kazumax78:20170626154900j:plain

 ダラス・カウボーイズが2016年のドラフトで1巡目に手に入れた至極のスターRB。同じくルーキーのQBダク・プレスコットと二人して、ダラスをプレーオフまで連れてった。ドラフトでは、シックスパックに割れた元気な腹筋を見せるパフォーマンスファッションで会場をわかせた。

 2016シーズンでは、最優秀新人選手賞をダク・プレスコットと同時受賞しています。それにしても、ディビジョナル・プレーオフグリーンベイと戦った時、LBクレイ・マシューズのタックルを超絶スピンで交わしたあのプレイ。感動でしたね!

 

 

オハイオ州立大学 バッキーズ出身

 こちらも名門のフットボールオハイオ州立大学。シックスパックを見せるのは大学の時からやっているパフォーマンスだったようです。彼と同じオハイオ州立大学出身のNFLプレイヤーは、たくさんいます。

  1. RBカルロス・ハイド(49ers)2014
     フランク・ゴアの後釜を任されたハイド。現在のエースRB。
     彼は2014年のドラフトで2巡指名でしたね。
  2. DTジョーイ・ボッサ(チャージャーズ)2016
     彼は全体1位指名のスター選手でした。
  3. OTタイラー・デッカー(ライオンズ)2016
     彼は同じく2016年ドラフトで、しかも同じ1巡指名でした。
  4. FSマリック・フッカー(コルツ)2017
     2017年のドラフトで1巡指名を受けています。
  5. CBマーション・ラティモア(セインツ)2017
     2017年ドラフトでの1巡指名。全体11位

と、相当なスター揃いです。オハイオ州立大学恐るべし。

 

暴行事件(DV事件)で元彼女から訴え・・・

エリオットよ。お前もか・・・・。

 

 

中田英寿 ×NFL

ニューヨーク・ジャイアンツから、シカゴベアーズに移籍したWRビクトール・クルーズが、パリで開催された ルイヴィトンの展示会で中田英寿とパシャリ。

f:id:kazumax78:20170623074156j:image

中田ってやっぱりすごい人なんだなぁ。

NFL問題児編 DTレトロイ・ギオンが逮捕

グリーンベイ・パッカーズのDTである レトロイ・ギオン(Letroy Guion)がHawaiiで逮捕。


news.jammedup.com

 

拳銃の不法所持と、マリファナ所持で逮捕されてます・・・unnn

 

今シーズンからスターターになる予定だった彼ですが、今期オープニングのWeek1ベアーズ戦、Week2シーホークス戦、Week3チーフス戦の3試合を出場停止となりました。

 

彼のキャリアはどうなるんでしょうね。それにしてもNFL選手は色々問題が多い人が多いですね。

 

チーフスGMが解雇

チーフスGMのジョン・ドージーが離別することが、発表されました。

チーフスのCEOであり、Chairmanであるクラーク・ハントから発表があったそうだ。