そしてNFLしかいなくなった ~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

Macを触って感じたこと。

f:id:kazumax78:20170419225030j:plain

MacBook Proを使ってみたファーストインプレッション
1. キーボードの違い、これが案外多い。

すこし使い勝手が違う。「かな」「英数」のボタンが違うし、Windowsとはそもそも場所が違う。ついつい左上に指がいくがそこにあるのは数字の「1」。何回押しても変更しない。

カタカナ変換がない。Windowsには「無変換」というキーがスペースキーの隣にあった。今はそこに「英数」のキーがある。押しても直接入力にかわるだけで変換はしてくれない。

バックスペースキーは存在しない。しかし文字削除のキーはDeleteキーだがこれはWindowsのバックスペースと同じ。つまりカーソルの左側を消していく。右側を消していく機能はついていない。代わりに⌘+kで、カーソルの右側を全部削除するという機能がついている。

CapsLockとCTRLの位置が逆。左下にあったのがCTRL。MacではCaps。ちょっと慣れないといけない。

あと、L+Aで小さい「あ」がでたのに、今では「ら」がでる。X+Aで「ぁ」が出るね。少し慣れが要る。

さらに、一番上にズラっと並んでいるファンクションキー。WindowsだとFnを押しながらファンクションキーを押してはじめて、ボリュームを操作したりできる。Macの場合はいきなり操作できる。

しかしこれら全てがカスタムできる。CapsキーとCtrlを入れ替えることもできるし、ファンクションもWindowsと同じくすることもできる。何かとユーザー側に立った設計にしてあるようだ。

 

2.とにかく画面がきれいです。

文字がきれいだし、目が疲れる感じがしない。なんだかこれだけでも買って良かった。とくに文字。フォントがきれいだと言うだけでなく、文字と文字の間に少し隙間があるというか、行間のピッチがゆったり目なのか、すごく見やすい、読みやすい。かなりびっくりする。ユーザーの視点でものづくりしてるなぁと思う。

3.トラックパッドが楽しすぎる。

三本指でスワイプ。二本指でタップ。ダブルタップ、4本指でアップダウン。二本指でスクロール。二本指で戻る進む。とにかくウェブがスイスイ進める。これは楽しい。これは大発明だな。

4.わからない単語が多すぎ。概念が違うのが多い。

とにかくApple独自の発想が盛りだくさんなわけである。これについていけてない僕は少々ストレスを感じる。いちいち頭の中が止まるからイライラを感じてしまう。

Windowsエクスプローラールッキングでどこのフォルダに何のファイルがあってと、わかりやすかった。Macの場合、デスクトップに保存っていう概念がない。どこのフォルダに保存したのかがわかりにくい。

また、Spotlight QuickSilver Finder Dock 。これらの発明品も初めましてだ。まずはこれらから解読しよう。右クリックがあったのが心の救いである。

 

5. 重い。幅広。

ズシっとくる。いわゆるA4ノートとかわらない重さ。Let's Noteからの移籍組である僕にとっては、衝撃的な重さ。「筋トレできんじゃね?」ぐらいDisりたくもなる。さらに幅が広いので、いつも入れてた鞄にはちょっとキツい感じがする。

 

 

※総評

大満足。とにかく動きが速くて画面がきれいで、それだけで問題なし。あとは慣れだけだ。しばらく使うと他のPCには戻れないかも知れない。