NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

講演会 忘備録 森下仁丹。

森下仁丹の講演会に行った。すんごい面白い発見ばかりだったので残します。

まず彼の名前が駒村純一。
f:id:kazumax78:20131206085133j:plain
森下仁丹の経営者である。

慶応義塾大学を卒業し三菱商事に入社。
商社マンとしてイタリアに在住し、ヨーロッパ人テイストを身につける。

講演

f:id:kazumax78:20131122150559j:plain:h400
まず、仁丹という過去のブーム品。
そういう商品を扱っている会社かとおもいきや、違う。
いまは、カプセル技術を使い、さまざまな商品を提案している。



f:id:kazumax78:20131122150621j:plain:h400
これが今の商品。健康産業のデイリーユースな商品を作っている。
しかし、最近は医療品(医薬外)も提供。
カプセル技術を使い、レアメタルの回収なども視野にいれている。



f:id:kazumax78:20131122152524j:plain:h400
以前の森下仁丹
今でいう竹田製薬よりも大きい会社だった。


大事な事。

老舗企業は過去の成功体験にとらわれて古い制度に縛られて、現業を打破できない。
イタリアから帰ってきた僕は、2つの改革を行っている。
1つは意識改革。1つは組織改革。

結論を言わない会議。なんでもかんでもホウレンソウ。
トップが言ったことは、無条件に従う。
自分の意見を言わない。決断が遅い。
組織を超えた連携力がない。改革する以外に道がないことに気づいてない。
過去の成功ほどやっかいなものはない。
何でもかんでも、「あれやっていいですか、これやっていいですか」と上司にお伺いを建てる。
まったくもって必要ない。
時間通りに出社、長い時間の滞在時間。効率を考えない仕事。
まったくもって論外である。
資料を配っておいて、それをなぞるように読み上げる。
まったく時間の無駄である。書いてあるなら、読めば良い。

30代の実績ある人材を外部から呼び、マネージャーに据えた。
プロパーの社員は、それなりの地位に移行させた。

これでいいのだ。


過去の慣習や、伝統。
これを踏みにじるのでなく、一度無視して、ゼロから考える。
自分の頭で考える。これが大切なのだ。