NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

【成功者に共通する思考法】

f:id:kazumax78:20161201110958j:plain

世の中には『成功者』と呼ばれるひともいれば、
それ以外の平凡な暮らしをしている人がいます。
収入が多いこともひとつの成功の指標でしょう。
収入の多い人は、
家族も守ることもできますし、
人生の選択肢の幅も大きく広がります。
収入が大きいということは、
その分世の中に価値を提供できている人であり、
税金を多く納めて国を支えています。
よく『成功者』の例にあげられるのは、
ビジネスを立ち上げて成果を出した、
起業家、経営者の人たちですよね。
実は、彼らのようなビジネスで成功した人たちには、
共通する思考法が多くあります。
それはビジネスで、そして人生で成功するための
普遍の法則かもしれません。
この思考法をあなたも身につけておくことで、
様々な目標が達成できたり、収入が増えたり、
人生のクオリティが格段に上がると思います。
今回は、彼らビジネスにおける成功者に共通する
5つの思考法をお伝えしようと思います。
(1)シンプルに考える
物事を複雑に捉えず、シンプルに考える。
これが重要だとビジネスの成功者は言っています。
====================
・バカな奴は単純な事を複雑に考える。
普通のやつは複雑なことを複雑に考える。
賢いやつは複雑なことを単純に考える
稲盛和夫(京セラ・KDDI創業者)
・ビジネスは簡単だ。
それを難しく考えようとする人は、
何をやってもモノにならない。
ジャック・ウェルチ
ゼネラル・エレクトリック会長)
・僕の理想は、シンプルに、
こだわらず、考えない経営です。
複雑に考えず常に基本に返る。
堀江貴文(元ライブドア社長)
===================
(2)まずは走り出す
ビジネスの成功者の多くは、
「失敗して当然。まずは走り出そう」
という思考法を持っています。
良いアイデアを持っているだけでは、
何もしていないのと同じです。
=====================
・どれだけ良いアイデアがあっても、
実行しなければ成功もしないし失敗もしない。
それは時間のムダでしかないでしょう。
柳井正ファーストリテイリング社長)
・できない理由を上手に探すのではなく、
とりあえず走り出してみる。走りながら修正する。
ここぞと思ったときは、徹底してベストの結果を出す。
原田泳幸マクドナルドホールディングスCEO)
・できない理由を並べ立てる人がいる。
これでは新しい事業を達成することはできない。
稲盛和夫(京セラ・KDDI創業者)
===================
(3)失敗は必要
成功の裏には数多くの失敗があります。
それを恐れないこと。
失敗は必ず成長の糧になります。
===================
・僕は成功の10倍は失敗している。
原田泳幸マクドナルドホールディングスCEO)
・失敗は必要なのです。
むしろできるだけ早く、失敗するほうがいいでしょう。
小さな失敗を積み重ねることによって、成功が見えてきます。
柳井正ファーストリテイリング社長)
・上手くいかなくてもやったことは、
全部将来の自分のプラスになります。
孫正義ソフトバンク社長)
===================
(4)1日1日の積み重ねを大切にする
1日1日を一生懸命に生きる。
そして失敗をしたならば改善をし、
それを次に生かしていく。
その積み重ねが1年後、3年後、
10年後の自分を創り出すのです。
==================
・いまこの1秒の集積が1日となり、
その1日の積み重ねが1週間、1か月、1年となって、
気がついたら、あれほど高く、手の届かないように見えた
山頂に立っていたというのが私たちの人生のありようなのです。
稲盛和夫(京セラ・KDDI創業者)
・商売はスポーツと同じ。
一枚一枚積み重ねてやっていくということが、
一番大切なんではないかと思います。
柳井正ファーストリテイリング社長)
・世の中は天才ばかりではない。
けれども、改善は誰にでもできる。
そして、日々改善を続けていけば、
どんな巨大な目標だっていつかは達成できる。
つまり、改善は凡人を天才にする方法なのだ。
三木谷浩史楽天社長)
=====================
(5)基本を大切にする
整理整頓ひとつとっても、乱雑な環境では、
モノを探すだけでもタイムロスを引き起こします。
基本の大切さは、ビジネス成功者の多くが語るところです。
======================
・一流企業と三流企業との差は製品の差ではなく、
“社員の品質”の差である。
それは6S(整理・整頓・清潔・清掃・作法・しつけ)
がいかに基本に忠実にできているか否かによる。
永守重信日本電産社長)
・汚い水のなかでは良い魚は育たないのと同様に、
汚い工場からは決して品質の良い製品は生まれない。
同様に、雑然としたオフィスでは、
スピーディーかつ効率的な事務処理はできない。
永守重信日本電産社長)
・僕がいつも言っていることは基本に忠実になれということです。
基本に忠実なんて言うと嫌な顔をする人が多いかもしれません。
なんだそんなことかと。しかし、これは大事な事なのです。
多くの人は基本に忠実にやらないで失敗するのです。
堀江貴文(元ライブドア社長)
==================
1‐シンプルに考える
2‐まずは走り出す
3‐失敗は必要
4‐1日1日の積み重ねを大切にする
5‐基本を大切にする
ぜひ、参考にしてみてください。
=======================
起業して成功をおさめ、
理想の毎日を歩むための
無料メール講座はコチラ!↓↓