NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

新国立競技場 ザハ案の廃案について私が学ぶこと。

ザハハディット氏のデザインされた新国立競技場
これが採用された時は、私は小躍りした。

この場所に行きたい!
この場所で観戦したい!
アンビルドの女王の建物が日本に完成する!

15年前、僕は大して一生懸命に
勉強してこなかった建築の学生だったけど
やっぱりこの手の建物については、
大変に興味がある。



f:id:kazumax78:20150608000400j:plain


でもそれから状況は一変する。
まずキールアーチが東京大江戸線
接触するという事実が判明した。

そして改めた設計で積算をすると
費用が2500億を超えることがわかった。
この莫大な予算について議論が炎上した。


そもそも、キールアーチの構造は
軟弱地盤である東京に、巨大建築を建てる際に
生じる巨大な基礎を無くすためにあった。


基礎なくしてどのように持たせるか。
建物を下から支えるように考えるのでなく
キールアーチにぶら下がるように
まるで巨大な吊り橋のように建てるのだ。

そうすることで、軽くする。
これがキールアーチの妙だったのだ。


f:id:kazumax78:20150731075244j:plain


f:id:kazumax78:20150731075309j:plain
当初の計画と比べると、格段に落ちる印象だ。
僕はこれなら、SANAA 案もしくは、伊東豊雄案の方が好きだ。

これに2500億。
意味がない。僕もそう思う。
当初のインパクトはどこにもないじゃないか。似てるだけで。



今回の件で、建築に関わる人間として
何かしらの所見を持たなければいけない。
僕はそう強く感じたのだ。


何故か。
ひとつは、積算するという行為についての敬意がない。
建築は巨大事業なので、積算なしでは実現しない。
やはり、積算は重要であり、この能力を磨くことは
間違いなく企業発展を実現する。



もうひとつは、コスト・機能・デザインの価値観が
ぐらついたからだ。金額の多寡で言うことが変わる。
世間の風評に自分の価値観も同調していったから。
この出来事の核心を掴むことができず
自分の確たる意思がなかったことだ。


挑戦すべきだったのか。
そうでなかったのか。

僕が判断しなければならない立場にいたとするなら
どちらを選択しただろうか。