NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

NFLチーム紹介【22】爆音軍団 シアトル・シーホークス

f:id:kazumax78:20170520104656j:plain

シーホークスは、その名の通り、海の鷹。カージナルスを紹介した記事でも書きましたが、こんな鳥がモチーフですね。

f:id:kazumax78:20080617111340j:plain

ネイビー、ブライトグリーン、ホワイトのカラーのバランスが非常にカッコよく爽やかなデザインです。NFLの中でテキサンズの次に好きなデザインです。

f:id:kazumax78:20170520085447j:plain

 

 

まだまだできて歴史の無いチームではありますが、カンファレンスチャンピオン→スーパーボウル出場を3度経験している強いチームですね。とにかく海鷲がかっこいいですねー。

f:id:kazumax78:20170520104709j:plain

 

 

シアトルはこんな所。

シアトルというとイチローがいたシアトル・マリナーズが日本人では有名ですが、NFLではシーホークスです。僕はずっとアメリカ大陸の南にあるもんだと思っていましたが、シアトルはほぼほぼカナダ、大陸の北壁にあります。

f:id:kazumax78:20170520085539j:plain

隣町がカナダのバンクーバーですね。

f:id:kazumax78:20170520085557j:plain

 

いい街 シアトル 建築たくさん

f:id:kazumax78:20170520090407j:plain

オランダ人建築家、レム・コールハースがデザインしたシアトル公立図書館は観るものを圧倒させるデザインをもっています。

f:id:kazumax78:20170520090455j:plain

内観もすごいですね。皮膚をつくる建築家、と呼びたいですね。

 

シアトルセンターには、フランク・ゲーリーがデザインしたExperience Music Project (美術館?)があり、もうまさに大都会ですね。

f:id:kazumax78:20170520091450j:plain

 

シアトルセンターにあるスペース・ニードルというタワーから眺めたシアトルシティの全貌。

f:id:kazumax78:20170520091046j:plain

 

そしてかの有名なスターバックス・コーヒー発祥の地でもあります。聖地巡礼じゃないですが、一号店は当初のロゴマークを今でも使っているんですね。粋ですねー。

f:id:kazumax78:20130916000409j:plain

うん。なんか、いい街ですよね。広さは、日本の25倍です。めちゃ広いですね。市民は56万人とかなり少なめ。鳥取県の人口と同数になりますね。

 

チームの歴史

1974年に創設されて、NFLに加盟したのは1976年。マリナーズと同じクエスト・フィールドをホームスタジアムにしています。シーホークスというチーム名は20000人を超える方から、1700を超える名称が集まって決定したそうです。

 

オーナーは色々変わって 今はあのポール・アレン

f:id:kazumax78:20160325131409j:plain

知ってますかね。戦艦武蔵を発見した「IT大富豪」ポール・アレンです。あのマイクロソフト社をビル・ゲイツと一緒になってスタートアップさせて人物です。NFLオーナーズの中でも最も金持ち。他にも色々やってます。

f:id:kazumax78:20170520093449j:plain

以前はケン・ベーリングというニコヤか親父。不動産でのし上がってきたビジネスマンでした。1988年に球団を9900万$、約100億円で購入します。たくさんの慈善事業を手がけたシアトルきっての名士でした。

この人がなんと南カリフォルニアにシーホークスを移動させるというわけですね。しかしロスは地震があるからダメだ、とか、あとすこしキングドームでプレイする義務があるなど、弁護士にいわれて、売却を決意するわけです。1996年のことでした。

 

f:id:kazumax78:20170520095205j:plain

そこで「それなら俺が買ってやる」と、手を上げたのが、あのマイクロソフト社をビル・ゲイツと共同創業したポール・アレンです。現在、シーホークスの資産価値は1330億円。ケン・ベーリングがいくらで売ったかわかりませんが、おそらくリターンは十分満足できるものだったのでしょう。

 

チーム戦績

地区優勝を9回、ワイルドカードを6回、合計15回プレーオフに進出し、カンファレンスチャンピオンに3回なっています。2005年にスーパーボウルで、スティーラーズと対戦し、10-21で敗退。まだハインズ・ウォードや、トロイ・ポラマルが現役だった頃ですね。懐かしい。

そして二回目のチャンス、2012年シーズン。シーホークスを見事カンファレンスチャンピオンになり、2度目のスーパーボウルに出場します。対戦相手はペイトン・マニング率いる、デンバー・ブロンコス

QBは当時ルーキーイヤーのラッセル・ウィルソン、WRダグ・ボールドウィン、RBにはビーストモードのマショーン・リンチ。

 この試合でシーホークスは圧勝し、初のスーパーボウル制覇、NFLチャンピオンの栄光を勝ち取る。そしてその次のシーズン2013年も続けてスーパーボウルに出場するも、これは残念ながらペイトリオッツに敗退してしまう。

 とにかく、猛烈な破壊力をもつシーホークスは強いチームです。その強さの裏付けは選手はもちろんですが、2010年からHCをしているピート・キャロルの存在が大きいですね。

f:id:kazumax78:20170520101514j:plain

HCの中では65歳と最高齢にも関わらず、吠える吠える、熱い熱い。そしてその采配たるや、なんとも若々しい。彼が入ってからのシーホークスは本当にカッコイイ。

f:id:kazumax78:20170520101434j:plain

1984年にバッファロー・ビルズのHCをしてから、バイキングズ、JETS、49ersペイトリオッツと、転々として、2010年にシーホークス。ここで腰を据えることができたんですね。おめでとうございます。

 

主要選手紹介

QB ラッセル・ウィルソン

f:id:kazumax78:20170520104007j:plain

投げれるし走れるし熱いしクレバーだし、という万能型QB。ドラフトからずっとエースの座を譲らないですね。seahawksを代表するアイコンになっています。

 

CB リチャード・シャーマン

f:id:kazumax78:20170520104236j:plain

やんちゃもののシャーマン。なんか口が悪いか手が早いか。しかしプレイは熱い。ドラフトではround4、かなり遅めに指名されたにもかかわらず、NFLの中でもスター選手の仲間入り。top100の座にいつもいます。オデルベッカムジュニアとのマッチアップはいつも期待しながら見ています。

 

RB (引退)マショーン・リンチ

f:id:kazumax78:20170520104246j:plain

ビースト・モードと異名を取ったマショーン・リンチ。猛烈なカットに加えて、あたりの強さ。まさにその名の通りビーストでした。スーパーボウルでの活躍はyoutubeを見ればたくさんあります。しばらく引退していたのに、「復帰する!」て決めて、新天地はレイダーズ。ラスベガスですね。生まれ故郷のオークランドでプレイしたかったんだろうけど、まぁそれもまた時の運か。マショーン・リンチのあの走りがまた見られるかと思うと、楽しみですね。

 

WR ダグ・ボールドウィン

f:id:kazumax78:20150201161258j:plain

素晴らしいWRですね。

 

LB ボビー・ワグナー

f:id:kazumax78:20170520104401j:plain

2012年にドラフトround1pick47で指名された。3度のプロボウルに選ばれている。タックル回数チーム随一。

 

SS カム・チャンセラー

f:id:kazumax78:20170520104502j:plain

4度のプロボウルに選ばれているストロング・セイフティ。8年目の半ばベテラン。

 

 シーホークスは、マショーン・リンチ、ボビー・ワグナー、キャム・キャンセラー、アール・トーマス、クリフ・アブリル、といったディフェンスチームが強力!ハード・ヒットを信条として、ものすごいスピードで突っ込んでくるDB陣と争うオフェンスチームは相当な勇気が必要です。

 

このディフェンスチームの猛烈果敢な戦いぶりから「爆音軍団シーホークス!」と畏怖を込めて呼ばれています。

 

シーホークス チアリーダー

f:id:kazumax78:20170520103854j:plain

f:id:kazumax78:20160925160739j:plain

f:id:kazumax78:20170520103903j:plain

f:id:kazumax78:20170520103905j:plain

うーん、素晴らしい。