NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

NFL選手トップ100人 ⑥10位~7位 

いよいよラストのトップ10人が発表されました。ここまで行くと消去法で記事が書けるくらいです。皆様おなじみの選手ばかりが名を連ねていますね。このなかで大型契約がまだ終わってないルーキー契約が、OBJ、KM、EEですか。おそらく来年の目玉になる話でしょう。楽しみです。

 

さてそれでは一人ずつ少し詳しく紹介していきましょうか。

 

 

第10位 QB マット・ライアン Matt Ryan, QB, Atlanta Falcons

 今期スーパーボウルで一躍時の人となったQBマット・ライアン。2015年版のTOP100では、77位に選ばれていましたが、昨年2016年では、TOP100人ならず。もう一つ注目を浴びてなかったQBでした。

 

 

 それが、今シーズンの強気なクォーターバッッキング。強肩のパス。年間5000yds弱を投げて、スーパーボウルでもあわや優勝の言葉が見えていたところまで、上り詰めました。さすがにTOP10入りを果たしました。

 

ボストン大学イーグルス出身のマット・ライアン

 また出身校がボストンってのがいいじゃないですか。賢い大学ですよね。アメフトだけじゃない知的な香りが漂ってきます。

 

 

 

 

 ライアンは2008年のドラフトで1巡指名。全体3位指名の大型選手でした。契約金額は少し不明確ですが、Sportracによると、6年で67.5M$。そして2013年6月25日に契約更新をしました。その金額は、5年で103.75M$(115.16億円)というこれまたトップクラスの給料でした。同期のQBはレイブンズのジョー・フラッコですね。

 

 同じくボストン大学からは、デトロイト・ライオンズに1巡指名された OTのゴスダー・シェリラス(Gosder Cherilus)がチームメイトでおりました。彼がライアンをずっと守っていたんですね。彼は現在、NFLでは小粒な選手になっています。2年で7M$(7.7億円)

 

 インディアナポリス・コルツのLT アンソニー・カストンゾも、ボストン大学から2011年ドラフトで1巡指名を受けています。彼は現在4年43.8M$(48.6億円)の契約を結んでいる選手です。コルツの屋台骨といって過言でないでしょう。

 

 

 

 その後、カロライナ・パンサーズに入団した、ルーク・キークリーがボストン大学に入学して、2014年のドラフトでNFLにデビューします。彼もTOP100人に選ばれる名選手ですから、金額は素晴らしいものを契約しています。

 

家族思いの教科書のようなお父さんマット・ライアン

スキャンダルとか、不倫とか浮気とか、そういうのが全く感じられない、清廉潔白な感じがしますね。どこに出しても恥ずかしくないお父さん。息子からしても誇りに思うでしょうね。素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

第9位 RB レベオン・ベル  Le'Veon Bell, RB, Pittsburgh Steelers

f:id:kazumax78:20170626102748j:plain

スティーラーズ不動のRBとして存在感を発揮するレベオンベル。一回止まって、もうダメ?終わり?と思わせといてからのグイグイゲインするランが、とっても魅力的。2013年のドラフトで2巡48位指名でした。

 

 

ミシガン州立大学スパルタンズ出身!

f:id:kazumax78:20170626102711j:plain

スパルタンズ!同期のチームメイトからはTEディオン・シムズ(ドルフィンズ)、DEウィリアム・ゴルストン(バッカニアーズ)の二人がNFLに入りましたが、あまり有名な選手がいません。 それにしても、大学のチーム名ってなんでこんなにかっこいいんでしょうねwww

youtu.be

 

 

彼女の名前はメルセデス・ドルソン かわいいよね。

 

ベルのファッションセンスは、、、、まぁ普通だよね。

 

 

 

 

第8位 WR オデル・ベッカムJr.Odell Beckham, WR, New York Giants

 もう紹介不要の選手でしょう。2014年のドラフトで1巡指名。LSU(ルイジアナ州立大学)の名門フットボールチーム、LSUタイガース出身のスターWR。オデル・ベッカムですね。

 

 

いやー、かっこいいですね、ルイジアナ州立大学タイガース。好きなチームだなぁ。

 

 

 

ベッカムのドラフト

 彼は2014年ドラフトで、14位に指名を受けています。この当時のドラフト同期WRには、タンパベイのマイク・エバンスや、ニューイングランドのブランディン・クック、バッファローのサミー・ワトキンソンなどがいます。ワトキンスやエバンスはベッカムよりも先に指名を受けた選手です。

 

 

オデル・ベッカムといえば、片手キャッチ。なんでもLSU時代からやっていたそうだ。それにしてもスーパースターといえど、あのNFLのライバル達と戦っていくには、日々の鍛錬を怠ってはならないですね。すごいことですね。

youtu.be

 

 

 

 

tattooが怖いOBJ

入れ墨が印象的ですね。アメフト選手にかぎらず、海外のスポーツ選手はみんな入れ墨ゴイゴイに入れるんですよね。なんででしょうね。1980年くらいからインフレーション起こしてる気がしますね。

 

 

 

ファッションセンス抜群なオデル・ベッカムJr

 

 

 

 

いやーカッコイイですよね。スーツ姿も普段着も。いまNFLでは一番おしゃれな選手だと思います。髪型も髭もアクセサリーも、Tattoも一番オシャレ。

自分流のスタイルがあるって感じですよね。OBJカッコイイです。

 

 

数々の浮名を流すモテ男?

いまはグラミー歌手 デミ・ロバートと噂のあるベッカム。いろんな噂あるけど、一番まともかも。

 

 

女優ゼンデイアとのカップリングが一番お似合い?

 

 

 

カニエ・ウエストの妻、キム・カンダーシアンの妹である、クロエ・カンダーシアンとの間にも噂があり。

 

 

 

そこに割って入るアンバーローズ。ビッチはやめとけOBJ。

 

 

最後アンバーローズで結ぶと、後味悪いから、彼のスーパーキャッチ写真で終わりましょう。

f:id:kazumax78:20141123210332j:plain

 

youtu.be

これからも応援してます!オデル・ベッカムJr!

 

 

第7位 RB エゼキエル・エリオット Ezekiel Elliott, RB, Dallas Cowboys

f:id:kazumax78:20170626154900j:plain

 ダラス・カウボーイズが2016年のドラフトで1巡目に手に入れた至極のスターRB。同じくルーキーのQBダク・プレスコットと二人して、ダラスをプレーオフまで連れてった。ドラフトでは、シックスパックに割れた元気な腹筋を見せるパフォーマンスファッションで会場をわかせた。

 2016シーズンでは、最優秀新人選手賞をダク・プレスコットと同時受賞しています。それにしても、ディビジョナル・プレーオフグリーンベイと戦った時、LBクレイ・マシューズのタックルを超絶スピンで交わしたあのプレイ。感動でしたね!

 

 

オハイオ州立大学 バッキーズ出身

 こちらも名門のフットボールオハイオ州立大学。シックスパックを見せるのは大学の時からやっているパフォーマンスだったようです。彼と同じオハイオ州立大学出身のNFLプレイヤーは、たくさんいます。

  1. RBカルロス・ハイド(49ers)2014
     フランク・ゴアの後釜を任されたハイド。現在のエースRB。
     彼は2014年のドラフトで2巡指名でしたね。
  2. DTジョーイ・ボッサ(チャージャーズ)2016
     彼は全体1位指名のスター選手でした。
  3. OTタイラー・デッカー(ライオンズ)2016
     彼は同じく2016年ドラフトで、しかも同じ1巡指名でした。
  4. FSマリック・フッカー(コルツ)2017
     2017年のドラフトで1巡指名を受けています。
  5. CBマーション・ラティモア(セインツ)2017
     2017年ドラフトでの1巡指名。全体11位

と、相当なスター揃いです。オハイオ州立大学恐るべし。

 

暴行事件(DV事件)で元彼女から訴え・・・

エリオットよ。お前もか・・・・。