NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

NFL選手トップ100人(最終回) 栄えある1位はやっぱりあの人! 

第1位! QB トム・ブレイディ Tom Brady, QB, New England Patriots

 もう割愛したいほど有名な選手ですよね。今現在、世界で最も有名なアメリカンフットボール選手でしょう。5回もスーパーボウルを制覇したQBはブレイディ以外いません。彼に次いでリングを獲得したのは1970年代のスティーラーズを牽引したテリー・ブラッドショーと、1980年代の49ersの黄金時代を作ったジョー・モンタナだけでしょう。彼ら2人も現役時代、4度のスーパーボウル制覇を成し遂げています。ブレイディは彼らレジェンドよりも1つ多い。現役ながらすでにレジェンドですね

 

 

 

ブレイディはミシガン大学出身

チームの名前はウルバリンズ!いやー、大学のチーム名ってなんでこんなカッコイイんでしょうね。みてください!このかっこよさ!

 

それにしてもブレイディ若い!大学のときは背番号10番ですね。レギュラーQBです

今の栄光とは思いもつかないほど、スカウティングの目にはひっかからなかった選手。およそカレッジフットボールでも成績を残してないんでしょうね。ドラフトは2000年で、なんと6巡目の全体199位指名でした。もう完全に控え選手として、、、だったんじゃないでしょうか。

 

チーム名のウルバリンとは?

ちなみにウルバリンとは、Wolverineと書きますが、和名では「クズリ(屈狸もしくは貂熊)」といいます。種別とするとイタチですね。「小さな悪魔」とまで称される獰猛で攻撃的な動物で、グリズリーや狼の獲物を力づくで横取りするほど、凶暴です。

罠にかかっても、自力で罠を壊し脱出。人間の罠にかかった動物を見つけたら、罠にかまわず獲物として食べに来ます。

 

赤ちゃんときはこんな小さくてかわいいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になると恐怖そのもの。

 

 

 

現役最強QB トム・ブレイディの輝かしい実績

 ブレイディは2000年ドラフトでNFLデビューし、翌年2001年シーズンから、16年間という長期間ニューイングランド・ペイトリオッツのエースQBであり続けています。

 そして、この16年間で、地区優勝を逃したのはたったの2回のみ。カンファレンスチャンピオンシップは10回、スーパーボウルには6回出場しています。そしてその内2002 2004 2005 2015 2017年と5回のスーパーボウルを制覇しています。こんな無敵チームはNFL史上無いですよね。ペイトリオッツ王朝と呼ばれても仕方ないですね。

 

ベリチックとの出会い 

 さて、ブレイディ・ブレッド・ファーブのような強肩も無いし、モンタナのような正確無比なパスを投げるわけでもなかった。ドラフトでは6巡199位のQBがまさかまさかの大化けを果たしてしまったということですね。それもこれも、名将ビル・ベリチックとの出会いですよね。彼との相性もあったのでしょう。ベリチックの戦略論や戦術眼を素直で実直なブレイディはどんどんと吸収して、フィールドの中でのベリチックと変化していったのでしょう。

 

 

 2017年に開催された51回スーパーボウルでは、強敵ファルコンズを史上初の大逆転劇でオーバータイムに下し、5回のスーパーボウルを制した唯一のQBとして、強烈に輝きました。あの試合はいま見ても鳥肌モノです。信じられない集中力で、プレイをつなぎあわせ、ヒューストンのNRGスタジアムにいる観客は全て総立ち。7万人全員がブレイディに意識を集中。ブレイディはゲームだけでなく、スタジアムをも飲み込み、テレビを通じて、アメリカ3億人をも飲み込みました。本当にすごい試合でした。

 

 

Wifeは、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン

 ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ出身のスーパーモデルです。14歳からモデルとして自立して、現在地球上でもっとも稼ぐモデルとして有名です。ブレイディと彼女は2009年に結婚。家族だけを呼んで慎ましやかに行ったそうです。

 ブレイディとブンチェンを合わせて、年間83億円稼ぐと言われています。そこまで成功して、それでもフットボールの仕事を続けていきたい、というわけですから、NFLとはよほど魅力的な舞台なんでしょうね。

 

 

 

ブレイディの次席となるQB。またスティーラーズもそうですが、後釜争いが面白い話題になりそうですね。楽しみです。