NFL超入門!~群雄割拠の32国志演義~

サッカーよりも野球よりもアメフトが一番面白い!アメリカで最強の人気を誇るアメリカン・フットボールNFL。人間を超越したNFLにまつわる人々を熱く紹介していきます

パンサーズILBトーマス・デイビスの契約延長なるか?

今期で契約終了の予定。本人はまだまだやりたいと望んでいるが・・・?

Thomas Davis, the Panthers' 34-year-old inside linebacker, is entering the final season of a two-year extension signed in 2015. The vet is owed a base salary of $3.25 million this season, but told WFNZ in Charlotte that he wants to renegotiate before training camp.

カロライナ・パンサーズのILBトーマス・デイビスは34歳。2015年に交わした2年延長契約の最終年度に差し掛かっている。今期単年で3.25M$の年俸をもらっている。だがWFNZによれば、デイビスはトレーニングキャンプの前に、契約の再交渉を望んでいるそうだ。

 

 

"That's something all players in the last year of their deal, especially for guys who have put up the numbers I've put up and played the way I've played the last few years, you'd hope something get worked out," Davis told the station. "We'e not actively talking now, but hopefully we can do something before training camp happens."

「契約の最終年度の選手は、背番号を置くか、それとももう何年か選手を続ける道を選ぶ。」「今は詳しくはお話できませんが、トレーニングキャンプが始まるまでには、何か起こることを期待しています」とデイビスは語っています。

 

 

怪我とも向き合い、カロライナパンサーズを牽引してきたベテラン選手

One of the remaining vestiges from the pre-Cam years, Davis is a Pantherslegend who has battled back from severe injuries (three ACL surgeries) and fought for recognition as a model of excellence and consistency. He has missed just one regular season game in the last four seasons and finally earned a first-team All-Pro selection in 2015. Paired with Luke Kuechly, Davis is a key part of one of the league's greatest linebacking duos of all-time.

デイビスは3度のACL手術からカムバックし、卓越した技術と一貫したプレイスタイルをもった殿堂入りできる選手であり、QBキャム・ニュートンが入団する以前から、パンサーズの中心人物であった一人だ。

 過去4シーズンで欠場したのは、2015年シーズンの1試合だけ。2015年にはオールプロのファーストチームに選出され、キークリーとのLBコンビは強烈なものです。

 

デイビスの怪我の状況はこの記事に詳しく書いています。

www.dailymail.co.uk

 

 

 

 しかし若手LBトンプソンに期待する声も

But the future comes for all us eventually, and it's nigh for Davis. The Panthers said this offseason that they intend to limit Davis' snaps in 2017, in part to give Shaq Thompson more run and also to lessen the load of the vet's shoulders. (Davis replied to that decision with a pointed Instagram video of him lifting some serious weights; the caption read, "The way I see it this is another way to help extend my career. I might play till I'm 37.")

しかし、誰にせよ決断を迫られる将来はいずれやってきます。デイビスにはその日が近い。2017年シーズンはデービスのスナップの回数を減らしていく、そのかわりシャク・トンプソンを出場させていく、とパンサーズは言っています。

  

この言葉を受けてか、デイビスは自身のインスタグラムで、すんごい重たいウエイト(笑)を持ち上げて、健在ぶりをアピールして、「俺は37歳までやってやれる」と言うてました。(2021年で引退?)

 

 

To stave off extinction, and now earn a new deal, Davis must continue to do more than what is expected of a sideline-to-sideline linebacker of his age.

彼が新しい契約を獲得するためには、彼はラインバッカーに期待されるものを、追求しつづけないと行けないでしょう。

 

 

かつてGMゲトルマンはベテランを起用して成功したが・・・

However, there's no guarantee general manager Dave Gettleman will grant Davis his wish. In the past, Gettleman has let aging franchise favorites Steve Smith and DeAngelo Williams walk to Super Bowlcontenders in lieu of handing them big contracts. Will the same go for Davis? Check back in at the end of the month.

しかしながら、GMのデイブ・ゲトルマンがデイビスの望みを叶えるなんて保証は無い。かつて、パンサーズの有力選手であった、スティーブ・スミスとデアンジェロ・ウィリアムスに、大型契約を交わす代わりに、彼ら2人の活躍によってスーパーボウルに出場することができたこともあった。

同じようなことがデイビスにあるだろうか?また月末にどうなったのか、チェックしていきましょう。

 

 

 

どうなるトーマス・デイビス

 

 

You can give up if you want to but WE will KEEP POUNDING!!

td58さん(@td58)がシェアした投稿 -

 トーマス・デイビスはかっこいい選手ですね。キークリーとの2トップ。これからも期待したいところですが、デスク側からすると、もっと若い選手に経験を積ませてあげていきたい気持ちもわかります。

 ブレイディもそうですが、やはりスーパーボウルを優勝して、あの歓喜の紙吹雪を経験したひとは、フットボール辞めたくないんでしょうね。NFLでこれからも活躍していく、それ以外の人生はおまけ。みたいに感じているのかもしれないです。

 まさにNFLの魔力に取り憑かれる。そんな感じでしょう。日本でテレビを見てるだけの僕でさえ、これほど引き込まれてしまうのですから、現地での熱気と緊張感に我が身を晒して、全ての出来事の矢面にたっている選手たちは、言わずもがなでしょう。

 

最年長LBのジェームズ・ハリソンは今年39歳。

f:id:kazumax78:20170703104752j:plain

 リーグ最年長の選手ですね。QBが最も長生きな業界ですが、LBでここまで現役のプレイヤーで居続けるのもスゴイです。契約はまだ来年まで残っていますので、おそらく40歳で引退されるのでしょう。

 彼に比べるとまだまだ、トーマス・デイビスは34歳。現役を引退するなんて年頃ではないはずですね。しかし戦力強化を考えると、パンサーズ陣営はLBのすげ替えをそろそろしなければなりません。どうなることやら黒豹軍団。

 どちらにせよ、調子乗りのキャム・ニュートンが元気なうちは、あんまりパンサーズが好きになれない僕・・・。

 

 

 この記事もオススメ

kazumax78.hateblo.jp

kazumax78.hateblo.jp